海外気分が味わえる東外大「第93回外語祭」当日レポート② 

海外旅行気分が味わえた!東京都府中市にある東京外国語大学で、2015年11月19~23日の期間、開催された「第93回外語祭」は、電車代をかけても裏切られない旅行気分の味わえる学園祭だ。

 gaigosai_honnsai

大学の構内も色とりどりの垂れ幕がかかっていて賑やかである。室内企画には世界の民族衣装を試着することのできるコーナーや韓国の紐飾りを作ることのできるコーナーがある。民族衣装の試着のコーナーには友人やカップルでコスプレ気分を味わう人が多く見られた。

 

 

 gaigosai_honnsai

こちらは世界文字で自分の名前を表記してもらえるという企画である。上からハングル、台湾で使われている漢字の注韻母字、ラオス語で私の名前が表記されている。自負の名前だけでなく、旦那さんや家族全員の名前を書いてもらっている人もいた。

 

gaigosai_honnsai

 

並べられたテーブルには国ごとに分かれており、パンフレットやその国の飲み物やお土産、本や写真などを展示している。言葉がわからないのはもちろん、用途がわからないものもたまに並んでいる。また、端の方のカウンターでは先ほど食べた料理のレシピの冊子が配られていた。なかなか作れそうにはないが、眺めているだけで楽しい。

 

gaigosai_honnsai

 

語劇とは二年生中心に各専攻の言語を使って行う劇のことである。1930年から続く外語祭の伝統的な行事である。もちろん、一般の来場者のために日本語の字幕も用意されている。劇の内容も定番のおとぎ話にオリジナルの要素を加えたものや、有名なミュージカル、その国の歴史ものなど、学科によって多種多様である。

 

取材・文:古川百合花(法政大学1年)


ベストオブ学園祭のFacebookページです。
学園祭での取材こぼれ話から、
学生記者、編集部のプライベートな話、写真までを公開しています。
ぜひご覧ください

コメント・感想をお寄せください。