◎新座の青空に色鮮やかな風船舞う~立教大学「IVY Festa 2014」当日①

埼玉県新座市にある立教大学新座キャンパスで、11月1,2日の2日間にわたり、立教大学「IVY Festa 2014」が開催された。東京都内にある池袋キャンパスとは違い、新座キャンパスは広くて緑豊かで、野外企画をするにはもってこいのキャンパスである。

写真 1 (4)

郊外型キャンパスならではの野外企画があった。「バルーン・イン・ザ・スカイ」だ。バルーン・イン・ザ・スカイとは、メインステージ前の広場から様々な色の風船を一斉に打ち上げる企画である。11月2日、午前11時10分スタッフにより主に子供達や保護者の方に風船が配られた。10分も経つと風船を持った人達が続々とステージ前に集まってきた。

 

11時25分、ステージには司会者が現れ今回の企画について説明している。説明が一通り終わると、司会者のアナウンスにより、同じ風船を持った人達が4人1組のグループを作り、自己紹介をし始めた。どのグループも子供、大人関係なく楽しそうに会話をしていた。11時40分頃になると、風船を手放しちゃう子供も現れた。11時45分になり、司会者が「そろそろ打ち上げますよ~」というと会場のざわめきが大きくなった。もうすぐ打ちあがる、どんな光景になるのか楽しみだ、はやく見たいという声も聞こえてくる。そして11時50分になり、司会者が打ち上げまでのカウントダウンを始めた。

?写真 1 (5)

「3・2.1、打ち上げて下さい」。その声でカラフルな色の風船が一斉に打ち上げられた。打ちあがった時の光景は圧巻なものであり、歓声がひびいている。
 今回このバルーン・イン・ザ・スカイの企画を担当した、土師裕吾さん(コミュニティ福祉学部1年)に企画の目的を聞いてみたところ、「風船を一斉に飛ばすことで、来場者全員の気持ちをひとつにする事がこの企画での目的です」と語った。また「11月1日は雨で実施することができなかったので、正直ぶっつけ本番でしたが、イベント担当の1年生がよく動いてくれました。2、3年生のサポートも出来ていたと思うのでよかったです」と語ってくれた。

a

土師裕吾さん(コミュニティ福祉学部1年)

 この企画は去年から実施されており、来年も実施される可能性は高い。もし実施されれば普段は見ることができないカラフルな風船が空に舞い上がる美しい光景を、是非見に「IVY Festa」に来場してほしい。

 

取材・文・写真 メンター学生部 二井雪久(大東文化大学2年)

<立教大学「IVY Festa2014」>
実施期間:11月1、2日の2日間
場所:立教大学新座キャンパス


ベストオブ学園祭のFacebookページです。
学園祭での取材こぼれ話から、
学生記者、編集部のプライベートな話、写真までを公開しています。
ぜひご覧ください

コメント・感想をお寄せください。