◎豪華な景品欲しさにゲームに挑戦~日本大学法学部 「第35回法桜祭」当日①

11月1~3日間で開催された日本大学法学部『第35回法桜祭』。法学部の学びの拠点である本館から3分ほど歩いたところにある3号館1階に、何やら豪華な景品がもらえる場所があると聞き足を運んだ。そこには、来場した子供も大人も、さらには学部生たちもが加わって豪華景品欲しさに真剣にゲームに挑戦している姿があった。

 

 

日法テーマパーク。来場記念に写真撮影

日法テーマパーク。来場記念に写真撮影

 

 

こちらの企画は『日法テーマパーク』という企画。この『日法テーマパーク』には、老若男女楽しめる6つのゲームが用意されている。常時行われている射的・ストラックアウト・巨大輪投げと、時間帯別に参加者を募って開催する巨大ジェンガ・早押しクイズ・風船割りバトルだ。それぞれ、とった点数に応じて景品がもらえるようになっており、中でも一番の豪華賞品はJリーグの観戦チケットだ。最終日のお昼にもかかわらず、まだJリーグ観戦チケットは残っていると知るや、通りかかった人も皆ゲームに参加。他の参加者のスコアに注目している。

 

Jリーグ観戦チケットを目標に、メンター学生記者も実際にゲームに挑戦した。まずは射的。普通の射的と違い、巨大な紙飛行機を飛ばして的を倒す。最初は絶好調だったものの後半で失速。スコアは伸びず不本意な結果に。次は巨大輪投げ。女性の方が男性より投げる距離が短くハンデがあったので、楽勝だと調子に乗っていたら9分の2しか入らなかった。最後はストラックアウト。ストラックアウトは、野球サークルの学生ですら「難しすぎて自分は全然だめでした。豪華賞品もらえたら奇跡ですよ」とぼやくほどの超難関。しかしJリーグ観戦チケットを諦めきれない。気合を入れて臨んだものの、コントロール力不足が災いし、結果、抜けた板は3枚だけだった。

 

 

本格的すぎる?ストラックアウト

本格的すぎる?ストラックアウト

 

 

巨大ジェンガは時間帯が合わず、エントリーすることができなかったが、実際の試合を観戦することができた。1メートル20センチはあるであろう巨大なジェンガが崩れた瞬間、観客・挑戦者・司会皆がああ~!と感嘆の声を上げた。

 

 

巨大ジェンガ。崩れる瞬間は迫力満点

巨大ジェンガ。崩れる瞬間は迫力満点

 

 

終わってみると、Jリーク観戦チケットには届かなかったが、お菓子にジュース、水道橋近辺のレストランやカラオケの割引券などたくさんの景品を手にしていた。ひとえに実行委員の渉外活動によって集まった協賛品である。また、ゲームに使用する物はすべて手作り。そうしたことからも実行委員の努力が感じられた。

 

 

<日本大学法学部 「第35回法桜祭」>

日程:2014年11月1日(土)~3日(月・祝)

開催場所:日本大学法学部三崎町キャンパス

公式HP:http://phoenio35.wix.com/phoenix-festival

Twitter:@phoenio


ベストオブ学園祭のFacebookページです。
学園祭での取材こぼれ話から、
学生記者、編集部のプライベートな話、写真までを公開しています。
ぜひご覧ください

コメント・感想をお寄せください。